インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療の概要

インプラント治療の概要インプラント治療は、歯を失ってしまった部分に、インプラント体というチタン製の人工歯根を埋入する治療です。入れ歯やブリッジと同様に、歯を失った場合の治療法のひとつです。

特徴としては、周囲の歯に負担をかけない」「よく噛める」「見た目も天然歯のように美しいといった部分があげられます。

院長の体験談

大学生の頃に虫歯により歯を2本失い、その治療としてインプラントを2本埋入しました。
あれから10年以上経過しますが、変わらず食事はよく噛め、両隣の歯も健康なままです。もちろんメンテナンスは天然の歯と同じように欠かさず行っております。

以下にそれぞれの治療のメリット・デメリットを記載しますが、インプラントは「失った自分の歯を取り戻す最善の治療」だと実感しております。

安全にインプラント治療を行うために

インプラントを安心・安全に行うため、当院では正確な診断・計画・治療を心がけております。

正確な診断と治療計画

当院では「Simplant system」を導入しております。
SimPlant(シムプラント)システムとは、インプラント手術前に行う3Dコンピューターシミュレーションシステムです。これは、CT画像を処理し、情報を立体的に把握することができるシステムで、より正確な診査診断が可能になります。

インプラント治療を適切に行うには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。当院では治療前にCT撮影を行うだけではなく、最先端のコンピューターシステム(SimPlant)を使用し、あごの骨の状態を見ながら治療計画を立てます。

Simplant system

また、骨のみならず、顎骨の中にある神経の状況を立体的に把握できるので、手術のシミュレーションもコンピューター上で行うことが可能です。患者さんに対しても、非常に解りやすく手術の経緯を説明することができます。

Simplant system

歯科医師の経験にプラスして、シンプラントといった最新のシステムを用いることでより安全に行うことができます。

正確なインプラント埋入

さらに当院ではより安全・安心を目指して、サージカルガイドシステムも用いています。
サージカルガイドシステムとは、インプラント手術の際に、歯肉とあごの骨にインプラントを埋入する穴を開ける工程があります。その際に専用のドリルを使用します。

前述したシンプラントシステムのデータを使い、徹底した術前シミュレーションを行ってオーダーメイドのマウスピース状のものを作ります。

Simplant system左の装置がサージカルガイドです。CTの解析データと右の模型をもとに作成されています)

Simplant systemマウスピースを模型上に装着したところ(もちろん実際には口腔内に装着します)

このマウスピース状のものは、ドリルを開ける位置に正確に穴があいており、そこにドリルを入れることで、ドリルが固定されます。これにより、ドリルが安定し、理想的なインプラント手術を確実に行う事が実現出来ます。

インプラント治療時にCTとともにサージカルガイドを用いることにより、安全なインプラント治療を行うことができると考えています。

インプラント治療の流れ

審査・診断 

レントゲンやCTを使用し、安全にインプラント治療が行えるか検査、さらにどの箇所に埋入するのがベストかといった治療計画を立てます。
治療計画時は模型を作成し、埋入後の噛み合わせや被せ物の位置を入念に確認します。

インプラント埋入

サージカルガイドに沿って、インプラントを埋入します。埋入後は顎の骨としっかり固定するまで数ヶ月待ちます。
※埋入場所によっては、このとき仮歯を装着します。

人工歯の装着

最終的な人工の歯を装着して完了となります。
治療期間の目安として、下顎で約3ヶ月上顎は約4ヶ月となります。

費用

料金 300,000円〜350,000円+税

お支払い方法

現金以外に、クレジットカード・デンタルローンでのお支払いに対応しております。

保証制度について

当院規定の保証制度を設けております。治療内容によって保証期間が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

098-862-8241 MAP
  • 当院の紹介
  • 歯科医師の紹介
  • 当院のこだわり